妊娠線や乾燥肌、ニキビ跡治る|つかってみんしゃいよか石けんパワー

妊婦

生活習慣から変える

ニキビ跡を残さないようにしましょう

女性

ニキビがやっと治ったと思ったら、ニキビ跡がクレーターに。 クレーターを隠そうとお化粧を厚塗りにすると、またニキビが。 そんな悪循環に陥ったことありませんか。 ニキビができないようにケアするのも大切ですが、できた後のケアも肝心です。 ニキビ跡を残さないようにするためには以下の事に気をつけましょう。 1)炎症を防ぐためにできるだけ触らない 2)ビタミンCをたっぷり摂取する、またビタミンC入りの化粧品を使用する 3)規則正しい生活をおくる 特に、規則正しい生活は美しい素肌のために一番大切です。 肌のターンオーバーを正常に戻し、できたニキビの治りを早めてくれます。 治るのが早ければ早いほどニキビ跡はできにくくなりますので、 ニキビが気になるときは3度の食事をしっかり摂り、早めに眠るのが良いでしょう。

ニキビの予防で美しい素肌に

ニキビ跡をクレーターにしないためには、規則正しい生活習慣が最も大切です。 規則正しい生活をすることによって、肌本来の治癒力が回復し、強い肌へと導いてくれます。 お肌の基礎力が強くなるとニキビができにくくなるので、ニキビ跡のクレーターに悩んだり、ファンデーションやコンシーラーで厚塗りにする必要がなくなります。とっても精神的にラクになりますよね。 お化粧を薄づきにできれば、お肌はもっともっと美しく保てるので一石二鳥です。 食事だけで補いきれないビタミンは、野菜ジュースやサプリで補うのも良いですし、皮膚科や美容クリニックで処方してもらうのも一つの手です。 また、ピーリングなどで早く良くなるように手助けをしてもらうのもいいかもしれませんね。